葬儀の時の服装

弔問客を迎える喪主や遺族は、葬儀では喪服を着用します。男性はダブルのスーツに、黒のネクタイ、靴下、靴などが正式な服装です。ポケットチーフやタイピンなどはしません。女性は黒羽二重の和装または黒無地のワンピースなどです。バッグを持つ時は、金具の付いていない黒いバッグを持ちます。子供は黒やグレーなどの地味な色の学校の制服があれば、それを着ます。制服がない場合は、黒や紺などの地味でシンプルな服装で十分です。大人も子供も、カラフルなものは避けます。服装に問題がある人がいたら、すぐに注意してあげなくてはなりません。

葬儀は突然執り行わなくてはならないことがほとんどなので、いざという時のためにすぐに喪服が着れる状態にしておく必要があります。あまり着ることがない服なので一着あれば十分だと思う人も多いようですが、クリーニングに出している時に急に必要となったり状態が悪くて着れないといったこともありますから、2着購入してしっかりと管理しておくと安心です。

緊急時に着るもの割り切って、一着は安いものしておけば費用を抑えることができます。長い期間葬儀がなくて喪服を着ることがなくても、定期的に状態を確かめておかなくてはなりません。