葬儀の会食

葬儀では参列してくれた弔問客をもてなす通夜ぶるまいや、初七日法要の際に関係者の労をねぎらう精進落としなどの会食が行われるのが一般的です。もともと葬儀の会食には肉や魚を避けた精進料理が出されていましたが、通夜ぶるまいなどに寿司や刺身などを出すこともあります。日本酒やビールなどのお酒も出しますが、車を運転する人や子供のためにジュースやお茶なども用意しておかなくてはなりません。葬儀の会食では乾杯とは言わず、故人に捧げる献杯という言葉を使います。席順は僧侶が上座に座るようにして次が会葬者となり、喪主と遺族は最も末席になるようにします。

会食の最初や最後には、喪主や親族があいさつを行います。親族や親しい人だけが集まった葬儀でも、しっかりとしたあいさつができるように事前に準備をしておかないといけません。会食の席での話題は故人と関係するものを選びますが、亡くなった時の状況などはプライバシーに関わることなので避けるようにします。

お酒も出るので気が緩んでしまいがちですが、葬儀の会食であることを弁えて大声で騒いだりしてはいけません。葬儀で疲れている人も多いので、会食が長くなり過ぎないように適度な時間で一区切りつける配慮も必要です。