葬儀が終わって家に帰った時に使うお清め塩

葬儀が終わる時に、香典返しや会葬礼状などと共に塩を渡すこともあります。葬儀で渡す塩はお清めの塩と呼ばれ、葬儀から帰って家に入る前に体に振りかけて身を清めるために使います。お清めの塩を使う時は、手を洗ってから塩を一つまみして胸、背中、足元の順に振りかけて、下に落ちている塩を踏みます。玄関に入ってしまうと、家の中にけがれが入ってしまうので、敷居をまたいで玄関に入る前にお清め塩をかけなくてはなりません。一人住まいの場合は自分で塩を振りかけるしかありませんが、一緒に葬儀に行った人がいる場合は同行者に塩を振りかけてもらいます。

お清めの塩は、死をけがれたものと考える神道の名残とされています。しかし、仏教では死をけがれとは考えないので清める必要はないとされ、葬儀の後にお清めをしない人もいます。そうした事情を考慮してか、参列者全員に渡さずに式場に置いておいて自由に持って帰るようにしておくケースが増えてきました。各人の意志で持って行ってもらえば、折角用意したお清めの塩が無駄になることもなくなります。

葬儀は故人や遺族の希望に沿った形式で運営されますが、宗教や宗派の異なる人が葬儀に参列することにも配慮しなくてはなりません。