葬儀でのお焼香の作法

故人や仏様に対してお香を焚いて拝むことを焼香と呼び、仏教の伝来と共に伝わったとされています。キリスト教の献香などもありますが、日本で行われる葬儀のほとんどは仏式なので、まず仏式の焼香について理解しておかなくてはなりません。焼香の基本的な手順は一人ずつ焼香台の前に行き、喪主は会葬者に、喪主以外は遺族と遺影に一礼してから、宗派によって決められた回数焼香をして合掌し、遺族に一礼して元の場所に戻ります。数珠は左手にかけておき、抹香は右手につまんでおしいだくようにします。焼香も宗派によって作業が少し異なるので、事前に宗派を確認しておかないと正しい焼香ができません。

焼香の順番は喪主から始まり、故人と関係の深い順となっています。焼香が始まってから順番を確認すると葬儀が滞ってしまうので、焼香する順番に席を決めておくと混乱せずに済みます。一般会葬者が焼香の時に一礼した際は、喪主が相手と目を合わせて軽く会釈する目礼で返礼します。

参列者全員の焼香が終わって僧侶が退出する時は、頭を下げて丁寧に礼をしなくてはなりません。焼香の作法や手順などは、事前に式場のスタッフと打ち合わせておくと迷うことなくスムーズに進みます。